ドイツのおすすめの古城20選

Burg Eltz

当サイトで紹介した城の中から、私が独断と偏見で勝手にランキング。

歴史ある城が好きなので、一般的なランキングとは、全然違っています。

中世の城が好きなので、ブルク系が多くなります。シュロスは、生活感が感じられる豪華な城が好きです。

目次

ドイツの古城おすすめランキング1~10位

ニュルンベルク城(Kaiserpfalz Nürnberg)

中世ドイツの政治の中心地ともいうべきニュルンベルク城。

中世後期のドイツ国王選挙後の最初の帝国議会はここで開かれていましたし,神聖ローマ皇帝の即位の宝器(日本で言うところの三種の神器みたいなもの)はここで保管されていました。

古城街道にある中世ロマンがくすぐられる城です。

ジグマリンゲン城(Schloss Sigmaringen)

プロイセン王家ことホーエンツォレルン家の分家であるホーエンツォレルン=ジグマリンゲン(Hohenzollern-Sigmaringen)家の居城です。

展示されている調度品はどれも豪華な上に品があります。そしてなんとも言えない上級貴族の生活感が漂っています

3000点にもおよぶ武器のコレクションも、武器好きにはたまりません。

ヴァルトブルク城(Wartburg)

ワルトブルク城と表記されているのを見かけますが、ドイツ語読みを正しく表記すればヴァルトブルクとなります。

リヒャルト・ワーグナー(Richard Wagner)が歌劇タンホイザー(Tannhäuser)の題材にし、マルチン・ルター(Martin Luther)はここにかくまわれ、布教活動の拠点とした場所です。

バイエルン王ルードヴィッヒ二世(Ludwig II)はここの大広間をノイシュバンシュタイン城に模倣しました。

ドイツの歴史を語る上で、外せない城の一つです。

ここはね、ドイツ人観光客が、もんのすごく多かったよ。

ドイツ史と深い関わりがあるためか、ドイツ人に人気の城です。

ハイデルベルク城(Schloss Heidelberg)

古城街道にあるおなじみの超有名観光地ハイデルベルクにある城。プファルツ選帝候(Kurürst von der Pfalz)でもあるヴィッテルスバッハ(Wittelsbach)家の居城でした。

三十年戦争プファルツ継承戦争で2度の破壊。

その後城を再建しようと試みましたが、今度は落雷にあって焼失。再建は断念され、廃墟の状態で保存されることになりました。

かつての栄華が偲ばれます。

歴史にもしもはないけれど、もしフランス軍の破壊工作を受けていなかったら、どんなに豪華な城だったのだろうか…。

城下から眺めあげる城の雄姿は、どのような輝きを誇っていたのだろうか…。

そんなことを思わずにはいられない城です。

マリエンベルク要塞(Festung Marienberg)

ロマンティック街道の始点、ヴュルツブルク(Würzburg)にあるヴュルツブルク司教座として、8世紀からこの地域の行政の中心地でした。

中世時代のベルクフリートや城門から近世の稜堡まで、さまざまな時代の防衛設備を見ることができます。

博物館には、ドラクエの僧侶を連想させるような司祭服や武器、フランケンワインの生産地だけにぶどうの果汁絞り器などが展示されています。

エルツ城(Burg Eltz)

城の最も古い部分は中世初期の頃から存在する古い歴史のある城であり、美しく絵になる城であるため世界中から観光客が訪れています。

一度も破壊されたことのない城ゆえに「難攻不落の城」と紹介されていることの多いエルツ城です。

しかし本当のところは、プファルツ継承戦争当時のエルツ一族の者がフランス軍の将校であったため破壊を免れているにすぎません。

破壊を免れたのは、当時の城主の政治力のおかげです。

決して難攻不落なわけではありません。降伏したころはあります。

マルクスブルク(Marksburg)

ライン川下りをすると、右岸の山頂に見ることができる中世の城です。

戦争による被害も受けず、近世のロマン主義による改築もされなかったため、中世の姿を今に留める城です。

派手さはありませんが、一度も破壊されていない唯一のラインの城という希少性があります。

ドイツ城郭協会(Deutschen Burgenvereinigung)の本部が置かれており、マルクスブルク城だけでなく他の城も同様に、歴史を研究し、修繕計画を立てて実行し、記録する活動が日々行われています。

ハールブルク城(Burg Harburg)

ロマンティック街道にある城なので、ご存知方も多いのではないでしょうか。

南ドイツで大きくて古くて保存状態の良い城の一つで、かつての帝国城砦

長さ220m、幅は最大120m。シュタウフェン朝最大の宮廷であるヴィンプフェン城を超えています。

落とし格子に矢狭間に、銃孔、深井戸、歩廊など、中世の城の防御施設が一通り揃っており、軍事施設としての城、領主の生活の場としての城というものがどういうものかよく分かります。

ホーエンツォレルン城(Burg Hohenzollern)

雲海の上にそびえ立つドイツの天空の城と紹介されることも多いホーエンツォレルン城。

後のプロイセン王家、ドイツ皇帝となったホーエンツォレルン家発祥のこの城は、ドイツ北部ではなく南部にあります。

中世の頃に建てられた城の跡は殆ど無く、19世紀のロマン主義の熱により新ゴシック様式で建てられた新しい城です。

コッヘム城(Reichsburg Cochem)

八角形のベルクフリートが特徴的なコッヘム城。

帝国城砦が枕詞につくことが多いコッヘム城ですが、コッヘム城は数ある帝国城砦の一つに過ぎません。

コッヘム城も他のモーゼル川沿いの城と同じように、プファルツ継承戦争や同盟戦争で破壊されてしまいました。現在の城は19世紀のロマン主義の時代に再建されたものです。

ハーグ条約に基づく文化的記念物となっています。

ドイツの古城おすすめランキング11~20位

ノイシュヴァンシュタイン城(Schloss Neuschwanstein)

ロマンティック街道の終点にあるノイシュヴァンシュタイン城は、「ドイツの城」いったら多くの人が最初に思い浮かべる城ではないでしょうか。

バイエルン国王ルートヴィヒ二世狂気王が、自分が隠遁生活をするために私財をなげうって建てた別荘。

見た目の美しさから、ディズニーランドのシンデレラ城を始め、ファンタジー作品の多くでモデルとされている城です。

ランキングが低いのは、見てくれだけで城としての機能がないから

グッテンベルク城(Burg Guttenberg)

グッテンベルク城は、古城街道はネッカー川沿いにある中世の騎士の城です。

周辺の城はドイツ農民戦争、三十年戦争プファルツ継承戦争でことごとく破壊されてしまっていますが、グッテンベルク城はそのような中で一度も破壊を受けなかった希少な城です。

ドイツワシタカ観測所(Greifenwarte)の本拠地。城内には多くのワシタカ類やフクロウ類が飼育され、タイミングが合えばワシタカショーを見れます。

負傷した猛禽類を保護し、野生に戻す活動が行われています。

ロンネブルク城(Burg Ronneburg)

ザールブルク城(Saalburg)

ビューディンゲン城(Schloss Büdingen)

プファルツグラーフェンシュタイン城(Zollburg Pfalzgrafenstein)

フランケンシュタイン城(Burg Frankenstein)

クロンベルク城(Burg Kronberg)

ゲルンハウゼン城(Kaiserpfalz Gelnhausen)

ヴィンプフェン城(Kaiserpfalz Wimpfen)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる