ファザネリー城(Schloss Fasanerie)

フルダ(Fulda)近くのアイヒェンツェル(Eichenzell)にある四翼から成るバロックシュロスです。

わずか30年しか土が採れなかったため幻とも言われるフルダ焼の貴重な展示を,この城で見ることができます。

庭園の一部があまり手入れされていないため,自然公園のような状態になっている箇所もありますが,そこはご愛嬌。

目次

ファザネリー城の見どころ

博物館の見学はガイドツアーのみです。

日本から新婚旅行に来た友人たちと行った時,ガイドツアーの開始時間には1時間も早く着いてしまいました。しかし,私たちのために特別にガイドツアーを行ってくれました。

スタッフの臨機応変な優しさに感謝です。

磁器博物館

磁器博物館には,フルダ焼きのみならず,マイセンや中国,日本の磁器も展示されています。

どのように色を出していたのか,今は失われてしまった彩色技術によって彩られた見事な皿たち。技術を絶やすこと無く継承していくとは,かくも難しいものなのか。

見事な青色だったために,非常に残念であります。

フルダ焼はマイセン焼きに比べ厚みがあるので,それとわかるのだそうです。

フルダ焼のシンボルマークはマイセン焼のシンボルマークと似ていますが,よく見ると違います。

考古学博物館

ヘッセン伯爵の私的収集物が好意により展示されています。

古代ギリシアの銅像や粘土像の展示が中心です。古代ギリシアが好きな人におすすめの博物館です。

ファザネリー城への行き方

車で行く場合

A7号線をフルダ北(Fulda-Nord)で降り,B27をFulda-Bronnzell方面に進みます。

公共交通機関を利用する場合

フルダ駅からバス路線7,または6,あるいは43番が利用できます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる