聖エリザベート(Die heilige Elisabeth von Thüringen)

用語&人物集

ハンガリー王女でチューリンゲン伯爵夫人となった女性です。ドイツ国民の聖人(deutsche Nationalheilige)と言われ,カトリック教徒だけでなくプロテスタント教徒にも慈善の象徴として崇拝されている人物です。

そして歌合戦の伝説の立会いに出てくる人でもあります。

スポンサーリンク

エリザベートの生涯

言い伝えでは,1207年7月7日に生まれたと言われています。

父はハンガリー国王アンドレアス2世(Andreas II,在位1205-1235),母はアンデックス-メラニエン(Andechs-Meranien)伯爵ゲルトルート(Gertrud)。

エリザベートが4歳の時,チューリンゲン(Thüringeh)方伯ヘルマン1世(Hermann I.)より,皇帝フリードリッヒ2世(Friedrich II.)の従兄弟にあたる同じく4歳の長男ルードヴィッヒ4世(Ludwig IV,在位1217-1227)との婚約話を持ち掛けられ,婚約が成立します。

エリザベートの両親は,娘と同い年の子供,乳母,教育係,監督人をつけて娘をチューリンゲンに嫁がせました。

ユネスコ世界文化遺産,ヴァルトブルク(Wartburg)城
言うまでもなく,アイゼナハ(Eisenach)にある超有名な城です。よくワルトブルク城と表記されているのを見かけますが,ドイツ語読みを正しく表記すればヴァルトブルクとなります。1206年にここで行われたと言われる歌合戦の伝説を,リ...

エリザベートはヴァルトブルク(Wartburg)で,聴罪師であったコンラード・フォン・マールブルク(Konrad von Marburg)の影響を受けて成長します。

1221年,エリザベート14歳の時,ルードヴィッヒ4世と正式に結婚。

翌年長男ヘルマン2世(Hermann II),1224年長女ゾフィー(Sophie),1227年次女ゲルトルート(Gertrud)が生まれます。

貧しい病人のために施療院や養護施設をつくり,貧しい人々に食べ物や着るものを与えるなどの慈善活動を行いました。義弟のハインリッヒ・ラスペ(Heinrich Raspe)にとって彼女の慈善活動は,非常に頭の痛い問題でした。

1227年,夫であるルードヴィッヒが十字軍遠征の途中,病死してしまいます。夫の死後,再婚話がありましたが,彼女は頑なに拒否して貞節を守りました。翌年彼女はマールブルク(Marburg)に行き,更に力を入れて慈善活動を行いました。

1228年,ヴァルトブルクを追い出されてマールブルク城(Schloss Marburg)に未亡人城主として移住します。

グリム兄弟が学んだマールブルク城(Landgrafenchloss Marburg)
メルヘン街道,グリム兄弟の学んだとされるマールブルク大学のある静かな学生街。ラーン川(Lahn)の辺,山の上に立つ山城。城の歴史は古く,城の歩みはヘッセン史そのものです。マールブルク城は現在,マールブルク大学として使用されています...

1231年11月17日,病人への献身的な看病と疲労により没。享年24歳。彼女の死後,様々な奇跡が起こるようになったとして,マールブルクには多くの巡礼者が訪れるようになりました。

4年後,グレゴール9世(Gregor IX.)によって列聖されれます。

1236年5月,皇帝フリードリッヒ2世(Friedrich II.)は,ドイツに滞在する別の用事がありましたが,敬愛していた親族であったエリザベートの埋葬に日程を合わせました。

葬儀には非常に多くの人がマールブルクを訪れ,皇帝は頭部を聖遺物とするために胴体から切り離し,聖女の頭部に栄冠を授けました。(現在彼女の頭部はウィーンのエリザベート病院に祀られています)

そして彼女の墓所には,ゴシック様式のエリザベート教会(Elisabethkirche)の建築が始められました。

エリザベート教会はマールブルクにあります。駅からマールブルクに向かう途中に,聖エリザベートが眠るエリザベート教会があります。ぜひ,訪れてみてください。