マールブルク城(Landgrafenschloss Marburg)の歴史

Schloss Markburg ヘッセン州

マールブルク城の歴史はヘッセン史そのもの。城の歴史を調べているのか,ヘッセン史を調べているのか,分からなくなってしまいます。

マールブルク城訪問記は下記をご覧ください。

スポンサーリンク

マールブルク城の歴史年表

911
コンラート(Konrad)がドイツ国王に選ばれます。しかしこの頃のことは殆ど何も分かっておらず,マールブルクの最も古い建築跡がコンラーディナー(Konradiner)のブルクと一致しますが,これは仮説の域を出ないようです。
10世紀
コンラート二世(Konrad II.)により,ヴェルナー(Werner)伯爵が封土を与えられます。この時がヘッセン方伯領の始まりとされます。その支配地域は今のヘッセン州より遥かに広く,この時代にマールブルクの城が建設されたとされています。
1121
ヴェルナー家断絶。所領はギゾー(Giso)伯爵のものになりますが,ギゾー家も翌年断絶してしまい,所領はチューリンゲン方伯のものになります。
1228
チューリンゲン方伯未亡人の聖エリザベートが未亡人城主として住みます。
1264
ブラバント(Brabant)公爵と結婚していたエリザベートの娘ゾフィー(Sophie)がすべてを相続したわけではないが,所領を相続します。ここにヘッセン方伯領が確立されます。
1292
ドイツ国王アドルフ・フォン・ナッサウ(Adolf von Nassau)が方伯を帝国侯爵(Reichsfürst)に格上げします
1308
官邸をカッセル(Kassel)に移動します。
1479
カッツェネルンボーゲン(Katznelnbogen)伯爵領を婚姻関係から相続します。ダルムシュタット(Darmstadt),ラインフェルス(Rheinfels)を手に入れます。
1526
フィリップ寛大伯(Philipp der Großmütigen)は宗教改革を受け入れ,最初のプロテスタント系大学ことマールブルク大学を設立します。
1547
シュマールカルディッシュの戦い(Schmalkaldischen Krieg)の時,方伯は捕まり,1552年までバイエルンに拘留されてしまいます。
1567
フィリップの死後,遺言に随って4人の息子に分割相続されます。
1623
ヘッセン・ダルムシュタットに(Hessen-Darmstadt)占拠されます。
1645-1648
三十年戦争の終わり,ヘッセン戦争が起こります。マールブルクはヘッセン・カッセル(Hessen-Kassel)方伯領に留まります。シュロスは三十年戦争以後,官庁として使用されることは無くなりました。
1756-1763
七年戦争時,マールブルクの防御施設はもはや時代遅れとなり,攻撃に耐え切れず何度も占拠されてしまいます。
19世紀
一時的に牢獄として使用されます。1869年以後は公文書館として使用されるようになりました。
20世紀
大学の研究所と博物館になり,一般の人も見学できるようになりました。
Marburg Schloss und Altstadt von oben

マールブルク城へのアクセス


開館時間
4月~10月,火曜日~日曜日,10:00~18:00
11月~3月,火曜日~日曜日,11:00~17:00
Tel. 06421-2822355