ブューディンゲン城(Schloss Büdingen)の歴史

Schloss Buedingen ヘッセン州

シュタウフェン朝時代から続く侯爵様の城。ブューディンゲン城の訪問記は下記をご覧ください。

城下の雰囲気も良いブューディンゲン城(Schloss Büdingen)
シュタウフェン朝時代から今に続く侯爵様の城です。元々は水城(Wasserburg)だったようです。城の雰囲気も,街の雰囲気も中世的なところが良いです。ヴェッツラウ(Wettrau)のブューディンガーヴァルト(Büdinger Wa...
スポンサーリンク

ブューディンゲン城の歴史年表

1131
ブューディンゲンに最初の領主が現れます。
1196
十字軍の遠征に出かけた2人が,それっきり帰って来ませんでした。(1196年ということは,第3回十字軍。)
1200
ロマネスク様式の水城(Wasseruburg)がハルトマン(Hartmann)の下,完成します。
1419
マインツ(Mainz)の南,ドライアイヒ(Dreieich)を獲得し,領土を拡大しました。
1442
帝国伯爵(Reichsgrafschaft)に格上げされました。
1529
アントン(Anton)の頃,文化的に栄えます。アントンの死後,ビルシュタイン(Birstein)とロンネブルク(Ronneburg)の2つの家系に分かれます。
1601
ヴォルフガング・エルンスト伯(Graf Wolfgang Ernst)の下,後期ルネッサンス様式に改築します。
1634
30年戦争で城の破壊は免れましたが,略奪され尽くしました。領主はその間亡命しなければならず,ダルムシュタット伯の管轄下になりました。その後,大赦が出され戻ることが出来ました。
1684
ブューディンゲンは更にヴェヒタースバッハ(Wächtersbach),メアホルツ(Meerholz)が分かれます。
1744
帝国侯爵(Reichsfürsten)に格上げされます。
1951
ブューディンゲンの本家家系が絶え,分家のメアホルツのオットー・フリードリッヒ侯(Fürst Otto Friedrich)が継ぎます。彼は城を再建し,博物館としてオープンしました。

ブューディンゲン城の案内

公式サイト
https://www.landpartie-schloss-buedingen.de/
Landpartie Schloss Büdingen | Flanieren Sie auf der Landpartie Schloss Büdingen und genießen Sie die Leichtigkeit des Spätsommers!