領主司教の砦,マリエンベルク要塞(Festung Marienberg)

Marienberg バイエルン州

ロマンティック街道(Romantischestraße)の北の端,宗教都市ヴュルツブルク(Würzburg)の山の上に立つヴュルツブルク司教の城

城としての歴史は古く,紀元前1000年のケルト時代の砦まで遡ることができます。中世の頃は幾多の都市との抗争にも耐えましたが,火器の発達により陥落した城です。

マリエンベルク要塞の歴史は下記ページをご覧ください。

マリエンベルク要塞(Festung Marienberg)の歴史
ロマンティック街道(Romantischestraße)の北の端,宗教都市ヴュルツブルク(Würzburg)の山の上に立つヴュルツブルク司教の城。城としての歴史は古く,紀元前1000年のケルト時代の砦まで遡ることができま...
スポンサーリンク

マリエンベルク要塞の見どころ

ケルトの時代から砦があっただけに,城を立てるのに好条件の立地にあります。

要塞のある山にはぶどう畑が広がり,ぶどう畑を通て城に登ることができます。歩いて上ると,堅牢な要塞であったことが実感できます。領主司教の城のなので,博物館は宗教関係の展示品が数多くあります。

要塞から見下ろすヴュルツブルクの街とマイン川の流れは絵になる風景であり,写真に収める価値がありです。

マリエンベルク要塞からの眺め
Würzburg Festung Marienberg

マリエンベルク要塞への行き方

4月~10月はヴュルツブルク駅から9番Festung行きのバスが運行されています。Festung行きのバスに乗り,終点で降ります。車で行く場合は,川を渡ってから看板の案内にしたがってください。麓の教会裏の道からブドウ畑をぐるりと回って要塞に行く方法もあります。

始めて行った時は行く道を知らず,気温が30℃を超える中,ブドウ畑の中を1時間近く歩いて登って行きました。大変だけど,一番眺めが楽しめるコースです。
2回目の時は,駅からバスを利用して行きました。バスの本数がそれほど多くないのが欠点です。

マリエンベルク要塞の訪問記

バスを降りて,城の方へ行きます。まずはお堀に沿って周りを一周してみます。山を登ってくるだけでも大変なのに,登った所に堀があってさらに城壁があります。これで都市との抗争や農民の反乱を押さえてきたのでしょうか。

かつては跳ね橋だったと思われますが,今は堀に掛かるただの橋。橋を渡って城の中に入ります。

中庭(Hof)の真中にある井戸はなんと深さ100mを超えています。今まで行った城の中で,今のところ一番深い井戸です。今でも水があります。

山城にとって水の確保は生命線です。山城にとって一番の問題は水の確保でした。どの山城にも深い深い井戸があります。

領主館博物館(Fürstenbaumuseum)

領主幹博物館の中はすごく綺麗です。「良い仕事をしてますね~」と思わずうなずきたくなる調度品の数々。椅子の背もたれにはレリーフがあるものがあり,座ると背中が痛そうで,実用的に見えないようなものがありました。

坊主の武器と言えば,相手に血を流させてはいけないということで(刃のついた)メイスです。どう考えても出血を免れません。そんなメイスが展示されていました。

司教の服は見る価値があります。鎧や武器は他のお城でもたくさん見ることができますが,司教の服が展示されているのは領主司教の城ならではです。世俗領主の城で見ることはできません。それもこんなにたくさん。

柄といい,素材といい,凝ってて高級そうですここに展示されている司教の道具一式を身に纏えば,R.P.G.ゲーム(ドラクエとか)に出てくる僧侶そのものに扮することができます。

展示されているものはドラクエの僧侶のイメージそのものです,ホント。

城とヴュルツブルクの街の模型がいくつか展示してあります。昔々のヴュルツブルク,第二次世界大戦で破壊されてしまったヴュルツブルク,その後復興したヴュルツブルク。

山の上の城と,マイン川の浅瀬に発達した都市ヴュルツブルク。そんなことが昔々の模型から読み取れます。第二次大戦で破壊された模型と現在の模型を比べてみるのも,また面白いです。

他にもいろいろ展示されています

この博物館の見学を終えて,外に出ました。

マリエンベルクの庭園

教会の裏の方から庭園の方に出てみました。庭園も良いけど,ここから見る街の展望が素晴らしく,風景と一緒に記念撮影している観光客がたくさいます。

しかし,庭園を撮りたくても,記念撮影している他の観光客が邪魔で全然庭園の写真が撮れません。

庭園を後にして,土産物屋の方へ行く。

ここのガイドツアーに参加したことがなかったので参加したかったのだが,いっしょに行った人の都合で参加することができませんでした。めっちゃ参加したかったんだけどなぁ。中はさぞかし豪華なのではないかと想像できます。

おそらく,ガイドツアーは土産物屋の隣がスタート地点になっているので,土産物屋でチケットが買えるのではないかと思います。

マインフランケン博物館(Mainfränkischemuseum)

領主司教の城だけに,宗教関係の彫刻が豊富に展示してありました。イエス・キリストに聖母マリアに天使ミカエルに,アダムとイヴ。

彫刻美術に興味のある人だったら,ここでかなり時間が潰れるのではないかと思います。

ヴュルツブルクの歴史を紹介した部屋では,当然のことながらケルト時代からの説明がありました。マイン川の浅瀬のあるヴュルツブルクに早くから人が住みついていたことなんて,ここを見るまで知らなくて驚きました。古い町だったんですね。

地上階のフロアは,フランケン地方と言えばフランケンワインということで,巨大なブドウの果汁絞り機がたくさん置いてありました。

これって,何人ぐらいの人達で動かして,一度にどのくらいのブドウを絞ることができたのでしょうか。

果汁絞り機が置いてある所を進んで行くと,下に降りていくわき道がありました。何が置いてあるのかなと見に行くと,大砲が展示されていました。

マリエンベルク要塞の営業案内

開館時間

月曜日は休城日

12月24,25,31日および1月1日とカーニバルの日もお休みです。

4月~10月

9:00~18:00

ガイドツアーは10,11,13,14,15および16:00

この期間は駅からFestung行きのバスが運行されています。

11月~3月

10:00~16:30

ガイドツアーは11,13,14および15:00

Bayerische Schlösserverwaltung | Schlösser | Festung Marienberg
Kurzbeschreibung der Festung Marienberg in Würzburg mit touristischen Informationen wie Öffnungszeiten, Eintrittspreisen, Hinweisen für Besucher mit eingeschrän...