クラウトハイム城(Burg Krautheim)

ハイデルベルク(Heidelberg)から東へ約70kmのところにある山城。

クリンゲンバッハ川(Klingenbach)がヤグスト川(Jagst)に注ぐ合流点にある小山の尾根にあるシュタウフェン朝時代の中世の城です。

目次

クラウトハイム城の見どころ

このブルクの最古の部分である高さ30mベルクフリートには,シュタウフェン朝時代の建物の特徴がひじょうによく保存されています。貝殻石灰岩の土台の上に,シュタウフェン朝時代特有の瘤のあるブロックが積み重なっています。

中世の古いブルク故に,ベルクフリート,パラス,礼拝堂,盾城壁といったブルクの基本構造を確認することが簡単にできます。

ホールはこの時代には珍しい初期ゴシック様式で建てられています。

農民戦争により部分的に破壊され,一部はネオゴシック様式で再建されているとはいえ,中世の面影を色濃く残すこじんまりとした城です。

クラウトハイム城へのアクセス

A81出口を出て,メルヒンゲン(Merchingen)を経由してクラウトハイム(Krautheim)方面のオスターブルケン(Osterburken)で降ります。

クラウトハイムに入ったら,ケーニッヒアルブレヒト通り(König-Albrecht-Straße)を南に進み,ブルクヴェーク通り(Straße Burgweg)に駐車します。

駐車場からは城まで歩きます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる