ラインフェルス城(Schloss Rheinfels)ーライン渓谷の長めが素晴らしき古城ホテル

ラインフェルス城

ライン川を見下ろす山腹に建つ城で、ライン川下りでその姿を見ることができます。

ライン渓谷のビンゲン(Bingen)とコブレンツ(Koblenz)の中間に位置するザンクト・ゴアー(St. Goar)にあります。

この城はブルク、シュロス、要塞といった要素が1つになった城です。つまり、中世の山城から13世紀以降のヨーロッパの要塞建築の重要な建築時代をこの城一つで説明できてしまいます。

フォアブルクの部分が古城ホテルになっています。ホテルになっている部分以外は、全て観光客に開放されており、自由に見学することができます。

また、ライン川の流れとラインを航行する船を見ながらする古城ホテルでとる食事は、ロマンティック以外の何ものでもないでしょう。ぜひ、古城ホテルを体験してみてください。

目次

ラインフェルス城の見どころ

フランス軍に爆破されてしまったため、城の多くの部分が廃墟となっているのが残念です。

かつての姿は、17世紀の図面や文献、発掘調査などからしか、うかがい知ることはできません。

カッツェネルンボーゲン伯爵の城

ラインフェルス城は、カッツェネルンボーゲン伯爵(Grafen von Katzenelnbogen)のディーター5世(Graf Diether V. Von Katzenelnbogen)がこの地に最初に城を築きました。

カッツェネルンボーゲン家はフォークトの地位に就き、13世紀に入る自らが君主となるまでに成長しました。伯爵家は、11世紀後半からライン川中流域の貴族家系として知られています。14世紀に入ってからは、計画的に領地を拡大していっています。

カッツェネルンボーゲン伯爵以前に、この地に城があったという証拠は見つかっていません。

カッツェネルンボーゲン伯爵は、この城の他にもネコ城の城主としても有名です。

地下室

この城には、山の斜面を利用した地下室や地下通路があり、探検するには格好の場所となっています。

地下通路の中を散策することなんて、他の城ではなかなかできないことです。地下通路には電灯がないので、懐中電灯は必須です。

古城ホテル

城のフォアブルクの部分が古城ホテルとして利用されています。

ライン渓谷を見下ろすローケーションに建つ古城ホテルは、一般的な古城ホテルとはまた違う格別のものがあります。

ライン川を航行する船を眺めるながら、古城ホテルのレストランで食事を楽しむことができるなんて、とても素敵なことではないでしょうか。

間違いなく一生の思い出になります。

人気の古城ホテルなので、予約はお早めに。

ラインフェルス城への行き方

山の上に建っているので、車で行くことをお勧めいたします。城の上に小さな駐車場があります。

徒歩で行けなくもないですが、急な坂道を登ることになります。ザンクト・ゴアーから城へと続く道があり、それほど遠くはありません。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる