ハールブルク城(Burg Harburg)の歴史

ハールブルク城 バイエルン州

ロマンティック街道(Romantischestraße)はネルトリンゲン(Nörtringen)の南東,リース(Ries)盆地の縁に立つ山城。南ドイツでもっとも古くて大きくて,保存状態の良い城の一つです。

団体観光ツアーでは殆ど素通りされてしまうためにあまり知られていないと思いますが,知っていればバスの中から山の上に聳え立つ城が見えると思います。ツアーで行く方は,それらしいところを通るとき,がんばって見逃さないように山の上の城を探してみてください。

ハールブルク城の訪問記は以下をご覧ください。

スポンサーリンク

ハールブルク城の歴史年表

11世紀前半
すでに城があったと推定されています。専門家によれば,ブルクタイプはオットー王時代のものであり,10世紀のハンガリー人襲来に対して建てられたと考えられています。
1150年
信憑性のある文献に初めてハールブルクの名が登場します。ドイツ国王コンラート3世(Konrads III)と共同統治者の13歳の息子ハインリッヒ(Heinrich)がビザンチンに出した手紙に登場しています。
1251年
国王コンラード4世(Konrads IV)はハールブルクの集落をエッティンゲン伯ルードヴィッヒ3世(Graf Ludwich III. von Oettingen)の担保として与えます。伯爵はシュタウフェン朝皇帝の側近でした。
1299年
ハプスブルク朝皇帝アルプレヒト1世(Albrecht I.)はハールブルクの城と市場を担保として伯爵に与えました。
1418年
抵当料が値上がりし,ジギスムント皇帝(Kaiser Sigismund)は負債支払不可能であることを表明。これよりハールブルクは正式にエッティンゲン家の所有物となりました。
1496年
エッティンゲン伯ヴォルフガング1世(Wolfgang I:1455-1522)は行政機関は短かったものの,大広間を完成させます。
1522年
ヴォルフガングの死後,領地は二人の息子が分割し,ハールブルグはカール・ヴォルフガング(Karl Wolfgang)の所有となりました。
1547年
シュマールカルディッシュの戦い(Schmalkaldischer Krieg)勃発。カール・ヴォルフガングとルードヴィッヒ15世(Ludwich XV.)の兄弟戦争なのですが,プロテスタント対カトリックの宗教戦争でもありました。カトリックのルードヴィッヒ15世が勝利し,城の所有はエッティンゲン-ヴァラーシュタイン(Oettingen-Wallerstein)家のものとなります。
1632年
三十年戦争の戦禍にリース盆地も見舞われます。ハールブルクは大きな破壊を免れましたが,他の城はことごとく破壊され,多くの血が流されました。スウェーデン軍に占拠されてしまいます。
1674年
エッティンゲン-エッティンゲン家は侯爵に列席されます。このころまでに,破壊された城のあちこちが修復再建されます。
1731年
アルプレヒト・エルンスト2世(Albrecht Ernst II)の死去によってプロテスタントのエッティンゲン-エッティンゲン家は断絶。領地はエッティンゲン-ヴァラーシュタイン家とエッティンゲン-シュピールベルク家(Oettingen-Spielberg)に引き継がれ,ハールブルクはカトリックのエッティンゲン-ヴァラーシュタイン家の所有となります。
1800年
第二次同盟戦争に巻き込まれます。文書類は中立のプロイセン(Preußen)の修道院に移されます。ハールブルクは破壊こそ免れましたが,フランス軍に占領されます。
1848年
ドイツ革命によってバイエルン王国に入ります。裁判所と警察署としての役割がハールブルクに残りました。
1991年
11世紀から18世紀までの宗教上の貴重な資料である私設書庫を国に提供。幾多の戦争の拠点であった城を一般公開し,観光地化を図ります。

ハールブルク城の営業案内

開館期間
3月16日~10月31日。月曜休館。
開館時間
10時~17時。見学はガイドツアーのみ。
連絡をすれば,冬でもガイドを行ってくれます。
所在地
Schloss Harburg Burgstr.1 86655 Harburg
Tel. 09080-96860   Fax. 09080-968666
お店:Tel. 09080-968630
ホテル&レストラン:09080-1504
https://burg-harburg.de/
ドイツ語
所有者
Fürst zu Oettingen-Wallerstein’sche Kulturstiftung
Gemeinnützige Fürst zu Oettingen-Wallerstein Kulturstiftung – Eine weitere WordPress Website