中世の封建制度と騎士階級の深い関係

封建制度は、中世に始まりました。

封建制度は、もともとはフランク王国が戦闘力の高い重装騎兵を調達する方法として生み出したものです。

関連:フランク軍の重装騎兵ー騎士の始まり

皇帝オットー二世は981年に約2千の重装騎兵、約4千の盾持ちから成る軍を擁していたことが明らかになっています。

自由民が各自武器を手にして出陣しなければならないというものではなく、一般召集によるものでもなく、当時のあるルールにしたがって形成された軍隊だよ。

ひょっとして、そのルールが封建制度なの?

目次

封建制度と騎士階級

有事には重装騎兵を差し出す義務を負っていた封建領主は、自分の収入(領土)の一部を力のないものに譲渡し、その者は家臣として領主に仕えました。その土地を封土(レーエン:Lehen)といいます。

封土には、村、人、家畜、製粉所、その他すべてのものが含まれます。

その見返りとして、家臣は与えられた領地から十分な収入が得られれば、それを基に装備を整え、主君に重装騎兵として仕えました。また、自分の家臣も重装騎兵として装備させ、差し出しました。

主君に封土を与えられる代わりに、重装騎兵として兵役に就くことは義務でした。

封建領主は広大な封土の中から一部を家臣に分け与え、封土を分け与えられた下層の家臣たちが貴族階級を形成することになりました。

「騎士」=「貴族」ではないよ

騎士と呼ばれるものの約3/4は不自由身分のミニステリアーレでした。

関連:ミニステリアーレ(Ministeriale,Ministerialität)‐隷属的騎士

ミニステリアーレ

主君の城や領地の管理者、軍務に服する男子として、世俗領主や司教に奉仕した不自由民。主君から養われる存在に過ぎませんでしたが、やがて彼らも自由民と同じように封土を得るようになりました。

中世の封建契約

封建領主の3つの義務

第一,尊重

封建領主は家臣であっても自由民として扱わなければなりませんでした。

殴るべからず,評判を落とすべからず,妻や娘に手を出すべからず,などなど

第二,防衛

攻撃された時,封建領主はいつでも家臣を助けなければならず,私有財産を保証しなければなりませんでした。

必要に応じて,法定で家臣の弁護することもありました。

第三,保証

封建領主が自分の領地を家臣が使用することを保証し,場合によっては家臣としての義務を果たすことができるように,追加報酬を与えなければなりませんでした。

封建家臣の3つの義務

封建領主にとって家臣は従属はしているが,栄誉あるものとして扱わなければなりませんでした。

第一,尊重

君主と同様に,封建家臣にも相手を尊重する義務がありました。

家臣は封建領主に栄誉ある奉仕をしていました。

奉仕には,武具の手入れ,お祝い事のお供,宴会での奉仕(献酌侍従など)が含まれています。

第二,評議会

居住地で行われている評議会に,封建領主の召集を受けて参加しなければなりませんでした。

また,封建領主の名のもとに,不自由臣民に対し正義を貫かなければなりませんでした。

第三,支援

家臣が一人であるいは複数人の部下と一緒に,君主の要求に応じて重装騎兵(後の騎士)として馳せ参じなければなりませんでした。

必要に応じて,自分の城を君主の手に委ねることもあります。

君主が捕虜になってしまった時は,身代金の寄付をしなければなりません。

封建契約

騎士アイケ・フォン・レプガウ(Eike von Repgau)は、1235年に中世最初の法律書『ザクセンシュピーゲル(Sachsenspiegel』を完成させました。

慣習法が一般人にも理解できるように、明確に定義されたルールに置き換えられ、一般的な土地法、そして騎士にとってひじょうに重要な封建法が規定されました。

これによって契約は書面によって集結されなければならず、証人の前で口頭だけの合意だけでは成立しなくなりました。

封建契約の中で,一番最初にして最も高貴な美徳の源…,それは…,忠誠心です。

封建契約を結ぶことは双方に大きな影響を与えました。

契約は,厳粛で祝祭的な儀式として行われました。

封建領主は家臣や周辺地域の高官たちを宮廷に招き入れます。客人たちがいる前で,契約儀式が行われまいした。

君主への忠誠

君主は玉座に座り,家臣になるものに跪くように命じます。

君主

君はこれから無条件で私の家臣になりたいのですか?

家臣

はい,なりたいです。

ここで家臣になるのかならないのは,はっきりと意思表示が行われます。

契約が締結すると,忠誠の約束をします。

家臣

私は,主君でありひじょうに敬虔な伯爵の忠実な家臣となり,忠実で,誠実で,偽ることなく不変であることを約束します。

君主

私は君を,家臣として受け入れよう。

そして契約当事者である二人は,キスをして結びます。

神への忠誠

次に,家臣は神への忠誠を誓います。

聖遺物を手にし,

家臣

私はこの誓によって,家臣は主君である敬虔な伯爵の財産を守り,その権利を維持するために忠実であることを誓います。私は今日この日から,天と地の創造主である神を助けるために,この誓いを守ります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる