ローマ軍の砦,ザールブルク(Saalburg)

Saalburg ヘッセン州

バート・ホンブルク(Bad Homburg v.d.Höhe)郊外にある古代ローマ軍砦(Kastell)跡。ゲルマンの城ではありませんが,城の歴史を考える上では重要です。

ローマ軍の砦をカステル(Kastell)といいます。このカステルが英語のCastleの語源になっていることは綴を見ただけで分かりますよね。

建物自体は,1907年に皇帝ヴィルヘルム2世(Kaiser Wilhelm II)によって復元されたもののようです。

2005年に世界文化遺産に指定されています。

スポンサーリンク

ザールブルクの見どころ

正方形をしたローマ軍の砦跡地なだけに,当時のローマの人々の生活を思わせる発掘品。ローマ人たちがどのような生活をしていたのか,わかりやすく展示されています。

砦から200mぐらい離れた所にある国境城壁(Limes)は一見の価値があります。

UNESCO Welterbe: Römerkastell Saalburg

ザールブルクへのアクセス

フランクフルト(Frankfurt a. M.)からS5番線に乗りバート・ホンブルクで下車。5番のザールブルク(Saalburg)行きのバスに乗り終点で下車します。

隣にはヘッセンパーク(Hessenpark)がありますので,ちょっとしたハイキングコースにもお勧めです。

ザールブルクの訪問記

以前ここを見に来た人から,
「こんなとこ,ローマ人にとってはものすごく寒かったと思うよ。」
という感想だけを聞いていました。

それはいったいどういう意味なのでしょうか。ローマの砦は城の歴史を考えるうえで重要であることもあり,一度確認しておきたいと思っていました。

バス停から門までたぶん100mぐらいですが,その間に小さな地下室(Keller)跡が並んでいます。地下室と思えるほど深くはなく,ちょっと地面を掘っただけのものに見えました。

少し進んで門に近いところには浴場(Bad)がありました。浴場には水を入れていたのでしょうか,それともお湯を入れていたのでしょうか。お湯だったらすぐ冷めてしまいそうです。

中に入ってすぐ左側の建物は,当時の日用生活品が展示されていました。草履とサンダル,装飾品,壷,鍋が並んでいました。靴がスカスカなんで,冬はしもやけになりそうです。とても寒そうです。

当時の不規則な円の硬貨と並んで,現在のドイツのマルクとペニヒの硬貨が並んでるのが印象的でした(今はユーロが並んでいるのかもしれません)。

復元された当時のスコップとランスも興味深いです。金属が貴重品だったせいか,金属は先の方にだけついており,それ以外は木製です。その下に発掘されたランスの先やスコップの先が山積みになっていました。

こういうのは特に珍しくも無いドイツ人はさっさと進むのに対し,こういう歴史の無いアメリカ人がその10倍ぐらいも時間を掛けて見て廻っていました。ローマ軍の兜の前で,何で5分も議論していました。

次の建物には展示品は特にありませんでしたが,ザールブルクの歴史が紹介されていました。

タウヌス(Taunus)山地のどこを国境城壁(Limes)が走っていて,それがザールブルクと共にどのように発展していったのかが展示されていました。

当時の生活の様子を再現した模型がありました。

部屋の様子を再現した部屋では,当時の食生活に関する説明が流れていました。(ドアを開けると自動的にテープによる説明が始まるので,ドキッとします。)香辛料等は豊富にあったようです。サフランや胡椒など。

当時の兵士の格好をした写真がありましたが,お祭りのときの写真でしょうか。ローマ時代の装備を身につけて,いろいろな催し物をやるお祭りがあるようです。

中を一通り見終わって,バスが来る時間まで砦をぐるりと一周廻ってみる。2重の堀は浅くて壁も低いけど,当時はこれでも最新鋭の砦で脅威だったのでしょうね。

Limes
復元された国境城壁

やや離れた所に,復元された国境城壁(Limes)がありました。当時の武器であれば,この程度の城壁で十分守ることができたのでしょう。

展示されていたザールブルクの略歴

西暦8年
砦はまだ木製でした。
小さな木製の砦と見張塔とPostenweg(見張塔から見張塔へと繋がる道のことを指すようです,日本語で何て言いうのか分かりません)。
西暦135年
Postenwegの前に柵(Palisade)を設けます。見張塔と砦は木から石に変わります。
この頃の駐屯兵は約500人。
西暦3世紀初め
柵(Palisade)の後ろに壁と堀が設けられ,砦等はモルタル壁に変わります。
西暦260年
この地からローマ軍が撤退し,次第に廃虚と化します。

石製の砦は木製の砦のところではなく,その隣に建築されて引っ越したらしいと言うことが,他の展示室で分かりました。そこにはその当時の兵士の装備と人数も表示されていて,人口が次第に増え,武器も発達していったことが分かります。

ザールブルクの博物館の開館案内

開館時間

3月~10月 毎日9:00~18:00
11月~2月 火~日曜日の9:00~16:00

Römerkastell Saalburg

コメント