ザイン城(Burg Sayn)廃墟―ベルクフリートで泊まれる民泊の城

ザイン城(Burg Sayn)
ザイン城(Burg Sayn)

コブレンツ(Koblenz)の北約10mのところにある山城の廃墟で、ライン川沿いに建つ城の一つです。

城のある場所がコブレンツよりも北にあるため、ライン川下りを含む一般的なパッケージツアーのコースから外れてしまっているのが残念です。

なお、このブルク・ザインのある山の麓には、1757年に建てられたシュロス・ザイン(Schloss Sayn)があるので、合わせて訪れてみてはいかがでしょうか。

そしてブルクとシュロスの間には、15世紀の城館と、14世紀のかつての城主の邸宅跡があります。

ザイン城は、ザイン伯爵家発祥の城です。

目次

ザイン城の見どころ

城の構造

ザイン城の南、西、北側は急斜面となっていますが、山側である東側は深い堀切によって防御され、さらには巨大な盾城壁で強化されています。

もちろん、盾城壁の上には歩廊があり、守衛たちがそこから敵を狙い撃ちできるようになっています。

ベルクフリートで宿泊

ベルクフリートや高さ約20m、壁の厚さ約2.4m、建設時期は12世紀後半と考えられており、保存状態の良いものとなっています。

ザイン城の外観を決めている重要な要素の一つでもあります。

1987年に修復され、現在使用できるようになっています。

そして上の階には、なんと民泊が2部屋あります。

ベルクフリートに泊まれる城は、かなり貴重!

城からはひじょうに美しい景色を眺めることができることもあり、とても素敵な夜になるのではないでしょうか。

ザイン城へのアクセス

駐車場はあちこちにあり、そこから城へ登っていくことになります。

ザイン城の歴史年表

10世紀

アウエルガウ(Auelgau)宮廷伯との関連で、ザイン伯爵が文献に初めて登場します。

1139年

ハインリッヒ1世・フォン・ザイン(Heinrich I. von Sayn)と弟エバーハルト1世(Eberhard I.)が、結婚によりボン伯爵領を手に入れます。

1152年

領地を拡大したことによりケルン大司教(Erzbistum Köln)と激しく争うことになり、城の一部が破壊されてしまい、ブランケンベルク城(Burg Bkankenberg)に一時撤退を余儀なくされます。

13世紀前半

ハインリッヒ3世・フォン・ザイン(大伯)(Heinrich III. der Große von Sayn)はラーン川、ケルン・ボン周辺まで伯爵領を拡大し、モーゼル川中流域とヴェスターヴァルト(Westerwald)にも領地を所有していました。

1247年

ザイン家の男系が断絶し、ザイン城と伯爵領はハインリッヒ3世の甥のヨハン1世・フォン・スポンハイム伯爵(Graf Johann I. von Sponheim)の手に渡り、ザイン伯爵を名乗るようになりました。

1345年

ヴィトゲンシュタイン(Wittgenstein)伯爵領も婚姻関係からザインのものになりました。1361年からはザイン=ヴィトゲンシュタインを名乗るようになります。

1606年

ザイン=ヴィトゲンシュタイン家が男系で断絶します。

1632年

三十年戦争の際、スウェーデン軍によって破壊されました。

1652年

人が住めなくなったこの城は、トリアー選定公国に属することになります。

1815年

ウィーン会議の決定により、ライン集の一部としてプロイセンに割譲されます。

1848年

プロイセン国王フリードリッヒ・ヴィルヘルム4世(Königs Friedrich Wilhelm IV.)からの寄贈により、城は再びザイン家の所有となりました。麓のシュロスをネオゴシック様式で再建し、ツウ・ザイン=ヴィトゲンシュタイン・ザイン(zu Sayn-Wittgenstein-Sayn)と名乗るようになりました。

1981年~1987年

現城主であるアレクサンダー・ツウ・ザイン=ウィトゲンシュタイン=セイン侯爵(Alexander Fürst zu Sayn-Wittgenstein-Sayn)の下で、建物の修繕と拡張が行われ、自然動物園(現在は閉園)が作られました。

2006年

古城レストラン「DIESAYN BURG 」がオープンします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる