デトモルト城(Fürstliches Residenzschloss Detmold)

ノルトライン・ヴェストファーレン州

ドイツ北部最大の四翼のルネッサンスシュロスで,水城です。

ドイツ北部で有名な二人のルネッサンス建築家ヨルグ・ウンカイル(Jörg Unkair)とコルト・テニース(Cord Tönis)により建てられました。 近世初期に円形の稜堡が設けられ、城館と要塞の機能を併せ持つようになりました。

中世時代の部分は1547年の大火により失われてしまっています。

現在も侯爵一家が居住しており,収集された美術品の数々を公開しています。

スポンサーリンク

デトモルト城の見どころ

城は常に内部公開されているものではないようなので,公開日を調べてから行くことをお勧めします。

Die Prinzenstory – Staffel 1 | Folge 1 🎥 Willkommen im Schloss Detmold

デトモルト城への行き方

デトモルト城の歴史年表

およそ紀元頃
この地への入植が始まります。
800年頃
カール大帝の時代,現在の旧市街地区に最初の領主の住まいがありました。
1180年
皇帝フリードリッヒ一世(赤髭王)がザクセン・バイエルンのハインリッヒ獅子公(Herzon Heinrich den Löwen von Sachsen und Bayern)との権力闘争があり,その時の城主ベルンハルト2世(Bernhard II.)はハインリッヒ側に付きました。近隣の公爵家の家々が破壊される中,デトモルトは破壊を奇跡的に免れました。
1190年頃
トイトブルクの森(Teutoburger Wald)の北側を所有していました。おそらくパーダーボルン司教(Bischof von Paderborn)の協力があったと考えられています。
13世紀頃
ベルンハルト三世(Bernfard III.)および四世のころ,水城であるデトモルト城が建設されます。遅くとも1260-70年頃までには完成したようです。同時にデトモルトの城下町も建設されました。
1366年
デトモルト城について,文献的にはじめて触れられており,ジモン三世(Simon III.)がこの城に住んでいました。
1429年
ジモンス4世が若くして亡くなると,当時1歳の息子が引き継ぐことになるわけですが,当然統治する能力はありません。
1447年
後見としてケルン選定司教(Erzbischof von Köln)とクレーヴェ公爵(Herzog von Cleve)が争うことになり,ゾースト・フェーデ(Soester Fehde)が起こり,城と都市が焼失してしまいました。その後,リッペ(Lippe)伯のものになります。
1528年
ジモン五世は,リッペの領主として伯爵の称号を受けます。
三十年戦争のシュマールカルディッシュの戦い
プロテスタントのヘッセン方伯側につきました。そして当然のごとくデトモルトは焼け落ち、破壊されてしまいました。
1586年-1613年
リッペ伯のメイン宮殿として改築されました。
30年戦争後
文化が花開き,街と城が増築されていきました。レジデンツシュロスとして新しいパラスが建てられ,南に果樹園が,そしてバロック様式の庭園が造園されました。
1895年
リッペの後継者争いが起き,ザクセン王を議長にして和解し,エルンスト・ツア・リッペ・ビースターフェルト(Ernst zur Lippe-Biesterfeld)の摂政政治を行うことになりました。このリッペ・ビースターフェルト家が現在のリッペ家です。
第一次世界大戦後
多くの貴族がそうであったように,デトモルトもまた行政権が貴族からドイツへと変遷しました。現在,私有部分と国有部分に分けられ,管理されています。
Willkommen
Fürstliches Residenzschloss Detmold
Fürstliches Residenzschloss Detmold、デトモルト - 「いいね!」730件 - Willkommen im Fürstlichen Residenzschloss Detmold. Die Besichtigung ist Höhepunkt bei einem Besuch des ...