ハノーファー王家の夏の離宮マリエンブルク城(Schloss Marienburg)パッテンゼン(Pattensen)

マリエンブルク城は,ハノーファー王家ことヴェルフェン家の居城だった城で,19世紀に建設されたネオゴシック様式の新しい城です。

マリエンブルク城という名の城は他にもあるため,所在地であるパッテンゼン(Pattensen)を付けて区別することもあります。

ハノーファー国王ゲオルグ五世(Georg V.)が,王妃マリー(Marie)の39歳の誕生日プレゼントとしてこの城を建てました

現在,マリエンブルク城は財団の譲渡され,観光用に公開されています。

目次

マリエンブルク城の見どころ

ゲオルグ五世ハノーファー国王陛下が王妃にこの地をプレゼントしたとき,妻の名をとってこの地をマリエンベルクと呼び,建設する城をマリエンブルク城として証書に記載しました。

土地と城に愛妻の名前を付けてしまうなんて,なんともヨーロッパらしい文化です。

小人伝説のある場所でもあり,なんともロマンチックですね。

ネオゴシック様式の建築

19世紀の城は,軍事施設としての要塞と居住および行政の地としての宮殿と分化しています。

この時代に建てられた城にとって,高いベルクフリートや跳ね橋,張り出し歩廊に軍事的な機能はなく,城の装飾品でしかありません。

これらの設備が城の装飾品でしかないとはいえ,ライネ渓谷から眺める城はやはり中世の城っぽい雰囲気を醸し出しています。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる