ブラニッツ城(Schloss Branitz)

ブランデンブルク州

ブラニッツ城はコットブス(Cottbus)郊外にあるバロックシュロスです。

18世紀に建設された,比較的新しい城です。

スポンサーリンク

ブラニッツ城の見どころ

城自体はこじんまりとした可愛らしい城です。

城は小さいですが,その庭は広大で,非常に手入れの行き届いた美しい公園です。池や芝生,森,とだだっ広いです。散歩やサイクリングにはうってつけの公園になっています。

公園内にはカフェがあり,閑静で美しい公園を眺めながらお茶をするなんていうのも素敵ですよ。

Schloss Pückler Branitz mit den schönen Räumen

ブラニッツ城への行き方

公園の辺りに無料駐車場があります。車で行く場合はここに停めると良いでしょう。

公共交通機関から行く場合は,コットブスから10番または28番のバスに乗り,Branitz Schlossで下車します。

ブラニッツ城の歴史年表

1686年
ピュックラー伯爵家がこの地にやってきます。
1770-1771年
アウグスト・ハインリッヒ・フォン・ピュックラー伯爵(August Heinrich Graf von Pückler)がブラニッツ城を建てました。
1784年
ピュックラー家はムスカウに居城を移します。
1845年
ヘルマン・フォン・ピュックラー・ムスカウ侯爵は経済的な問題により,ブラニッツ城以外の城を売却したため,ブラニッツ城を居城にします。侯爵は庭園を英国風に整備しました。
第二次世界大戦後
ブラニッツ城は没取され,国有資産となります。以後,博物館として使用されるようになります。

ブラニッツ城の営業案内

ブラニッツ城開館時間
11月~3月 火曜日~日曜日 11:00~16:00
4月~10月 毎日 10:00~18:00
Stiftung Fürst-Pückler-Museum - Park und Schloss Branitz
Der Branitzer Park in Cottbus mit seinen Pyramiden ist das Meisterwerk von Hermann Fürst von Pückler-Muskau und ein Gartendenkmal von internationalem Rang.