コルムベルク城(Burg Colmberg)―ホーエンツォレルン家の古城ホテル

コルムベルク城(Burg Colmberg)

ロマンティック街道で有名な町ローテンブルク・オプ・デア・タウバー(Rothenburg ob der Tauber)から東へ18km行ったところにある山城です。

ローテンブルクから18kmと近いので、タクシーを利用して簡単に行くことができるのではないかと思います。

1318年から1880年までプロイセン王家ことホーエンツォレルン家の居城だったところです。皇帝や王様を輩出した名門貴族のブルクです。

そんな名門貴族のブルクに宿泊できるのです。

なんてステキ!

そんじょそこらの騎士の城とは違います。きっと誰しもが中世の王侯貴族の気分を味わえるのではないでしょうか。

ロマンティック街道近くにある、穴場の古城ホテルだと思っています。

目次

古城ホテルコルムベルク

古城ホテルの多くは宿泊する部屋が馬小屋であったり兵舎であったりしますが、スイートルームに限り本館にありました。

城の気分を味わうには、やはり本館が良いですよね。安い部屋を頼むと、たいてい新館になります。

コルムベルク城も、本館に泊まりたければスイートルームを予約する必要がありました。

ここで結婚式を挙げることもできるようです。

ここの礼拝堂や庭園で結婚式を上げたのなら、それこそ王子様とお姫様の気分になれるのではないでしょうか。歴史のあるお城なので、重厚で気品の溢れる結婚式を挙げることができるのではないでしょうか。

コルムベルク城の宿泊体験談

在独時に新婚の友人夫妻が遊びに来たときに一緒に行って泊まりました。

ハイシーズンで、予定日の2週間前にネット予約したにもかかわらず、難なく取れました。

友人夫妻にはバロックスイートを、私たちは侯爵スイートの部屋に泊まりました。

今は名称が変わって,バロックスイートは結婚式スイート(Hochzeitssuite)、侯爵スイートは侯爵部屋(Fürstenzimmer)になっています。

どちらもジャグジーバスがついていました。

ただこのジャグジーバス…、あまり使っていなかったのか、スイッチを入れると湯垢がたんまり出てきました。お風呂よりもシャワーの文化の国だから、使い人なんていなかったのかもしれません。

あまりにも茶色い湯垢が出てきてしまったので、ジャグジーは諦めて、お湯を入れなおして普通に入りました。

昔のたたずまいをそのままに、騎士の間や礼拝堂があります。レストランの雰囲気もいいですね。

宿泊する部屋へは礼拝堂を通っていきましたが、敵の攻撃から守るために迷路状態。何度か迷いました。

Burg Colmberg

こんな雰囲気の場所が城を探検しているとあったりして、かなり萌えます。

ファンタジーの世界の話ではなく、現実にこんな部屋があるんですね。

城になぜか葵の御紋が入った箱があり、友人夫妻の泊まった部屋には相撲の行事さんが持っている扇がありました。

なんかよく分からないけど、日本とつながりがあるようです。皇室と?ただ詳しい資料が手に入らなくて、よく分かりませんでした。

ずっとあとになって、日本の領事館として使用されていた歴史があることを知りました。

古城レストラン

ホテルですので、当然レストランもあります。

もちろん、ボリュームはドイツ人サイズです。

レストランではこの地域の郷土料理を楽しむことができます。ドイツのポテトサラダは地域によってソースが違い、日本の味噌汁のように地域によって味が違います。

そのポテトサラダを正味したくて、付け合わせにこの地域のポテトサラダがついているものを注文しました。

…が、ポテトサラダは売り切れ、地域による味の変化がないフライドポテトに取って代わられてしまいました。がっかり。フライドポテトもおいしかったので別に良いんですけどね…(ドイツのフライドポテトはマジ美味しい)。

夫や友人夫妻は、注文したドイツの郷土料理を楽しんでいました。ま、そういうこともあるさ。

朝食は、卵の茹で加減を聞かれ、半熟を注文しました。

パンは焼きたてでパリパリとした歯ごたえがあり、香ばしい香りが口いっぱいに広がりました。

朝食として焼きたてのパンを食べると、一日を元気に気分よく始めることができるような気がして、うれしいですね。

コルムベルク城への行き方

城からはすばらしい田園風景を見ることができます。まさにベートーベンの曲『田園』が似合う風景です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる