愛人の牢獄だったシュトルペン城(Burg Stolpen)

シュトルペン城はドレスデンから約27km東にある山城です。ドイツの天然記念物となっている玄武岩山(Basalberg)の上に立つブルクです。

マイセン辺境伯とエルベ川東岸のスラブ人入植地の境界領域にあり,交易ルートの交差点として重要な場所でした。

この城は選帝侯の愛人であるコーゼル伯爵夫人(Gräfin Cosel )が,人生の半分以上を囚人として過ごした城です。

目次

シュトルペン城の見どころ

2つのフォアブルクと2つの主城と,4つの部分に分けられます。

  • 下のフォアブルク:防弾室,深さ3mの地下水槽への入り口,穀物庫
  • 上のフォアブルク
  • 下の主城:城塞防衛の中核的存在。17世紀の大砲が今も存在。パン屋,鍛冶屋,厩,屠殺場などもある
  • 上の主城:住宅用の建物が囲む。深さ82mの井戸がある

七角形の塔

土台部分は四角形ですが,上に向かって六角形になる塔です。

六角形なのに,呼び名はなぜか七角形です。

ヨハニス塔(Johannisturm)

ヨハニス塔はコーゼル伯爵夫人が囚えられていたことから,コーゼル塔とも呼ばれています。円筒形の目立つ塔なので,すぐそれとわかります。塔に登り,城下を眺めてみましょう。ドイツの田舎の田園風景が目の前に広がります。

囚われのコーゼル伯爵夫人は,いつもここからの景色を眺め,何を思っていたのか,想像してみてはいかがでしょうか。

玄武岩

この城は玄武岩の岩山の上に立っています。

シュトルペンの名は「柱形の」「柱形の場所」という意味のスラブ語から派生したという言葉が示すとおり,柱形の黒い岩を見ることができます。

ここの玄武岩山は,ドイツ国の天然記念物となっています。

コーゼル伯爵夫人

アンナ・コンスタンティア・フォン・コーゼル帝国伯爵夫人(Anna Constantia Reichsgräfin von Cosel)は選帝侯アウグスト(August)の愛人でした。

コーゼル伯爵夫人は1716年のクリスマスに囚えられ,シュトルペン城に収監されました。

最初は武器館の上の高級な部屋で不自由な囚人生活を送っていました。彼女は国家機密情報を握っていたために,非常に厳しく監視されていました。

1743年の火災により,最後の20年は住居用に改装されたヨハニス塔で過ごすことになりました。その頃はある程度の自由が認められるようになり,中庭を散策することが許されました。

85歳でなくなるまでの49年間をここで過ごしました。彼女はここで50年近く,何を眺めて,何を思って過ごしていたのでしょうか。

死後,彼女は城の礼拝堂に埋葬されました。

アウグストとの間に一体何があったのか,どんな愛憎劇があったか,深掘りしたくなってしまいます。

Youtubeにはちょっとした再現ドラマの公式動画が公開されています。

シュトルペン城へのアクセス

ドレスデンからバスR261から行くのがわかりやすいかと思います。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる