モーリッツブルク城(ハレ)Moritzburg (Halle)‐ザクセン・アンハルト州立美術館

ザーレ川沿いのハレ市にあるモーリッツブルクです。ライプツィヒ(Leipzig)の北東約20kmのところにある城です。後期ゴシック様式の城です。

南西約40kmのところに同名のモーリッツブルク城(ツァイツ)がありますので,混乱を避けるために城名の後に地名をつけます。

ドイツの古城 〜歴史の旅
モーリッツブルク城(ツァイツ)(Schloss Moritzburg(Zeitz))‐司教から選帝侯へ | ドイツの古城 〜歴史... ザクセン・アンハルト州のエルスター(Elster)川沿いにあるモーリッツブルク城です。ライプツィヒ(Leipzig)の南西約40kmのところにある城です。 同名の城が他にもありま...
目次

モーリッツブルク城(ハレ)の見どころ

ほぼ正方形の標準的な間取りですが,要塞とシュロスの概念を組み合わせた城で,住宅ニーズと軍事目的を兼ね備えた城となっています。

城の周囲は沼地のような堀が取り囲んでいます。

西翼は現在博物館として使用されています。領主の居住区と大司教の図書館がありました。

北翼にはかつて正門がありましたが,1616年に壁で塞がれてしまいました。美しい紋章のフリースがあります。公文書館として使用されていました。

東翼は都市に面した城門があります。直接攻撃を避けるため,少しカーブがつけられています。

南翼は原型をとどめておらず,かつては厨房,城長の居室,井戸があったとされています。

もともとはマグデブルク大司教の居城でした。現在,ザクセン・アンハルト州立美術館として使用されており,ザクセン・アンハルト文化財団が信託管理しています。

州立美術館ですが,モーリッツブルク・ハレ(ザーレ)美術館の愛称で親しまれています。

モーリッツブルク・ハレ(ザーレ)美術館‐(ザクセン・アンハルト州立美術館)

美術館の公式チャネルがあります。

表現主義の作品を重点的にコレクションしています。19世紀の絵画もあれば,17~18世紀の後期ゴシック芸術の作品も展示されています。

また,表現主義と構成主義を取り入れた20世紀のドイツグラフィックアートの収集にも力を入れており,東ドイツ時代の芸術家たちの作品が多く展示されています。

マリア・マグダレン礼拝堂

14×23m,高さ15mとこぶりな礼拝堂ながら,広々と感じ,オーバーザクセンの後期ゴシック様式の宗教建築の伝統を守った造りになっています。

1513年,大司教エルンストの心臓が礼拝堂に安置されています。

モーリッツブルク城(ハレ)へのアクセス

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる