中世貴族たちの娯楽と遊び

中世の生活

中世の人々も、仕事や勉強ばかりでなく,遊びの時間もありました。

日曜日や祝日は,普段の日常とは違い,娯楽を楽しむ時間がありました。

スポンサーリンク

中世の子どもたちの遊び

小さい子供は遊ぶのが仕事です。一日中遊んでいました。

室内遊び

木や粘土で作った人形で,おままごと遊びをしました。

こま,ピンホイール,木馬やビー玉がありました。

屋外遊び

外では目隠し鬼,鬼ごっこ,かくれんぼ,縄跳びが大好きでした。

城は,格好の遊び場です。

冬は大人たちと一緒に,凍った池でアイススケートを楽しみました。スケート靴は,木靴に動物の骨で作ったライナーを取り付け,長い棒で突き飛ばし合いました。

騎士として剣術の練習を始めていた少年たちは,ちゃんばらごっこを楽しみました。

中世の大人たちの遊び

室内遊び

年長の子どもや大人に最も人気があったのは,バックギャモンとして知られるトリックトラック(Tricktrack)です。

他にもチェスやチェッカー等のボードゲームが,中世ヨーロッパのブルクで楽しまれたことが知られています。

ドミノには様々なバリエーションがありました。木や焼き土で造られていました。

長い冬の夜など,馬や土地をかけたサイコロ賭博が貴族の間でひじょうに人気があり,教会からお叱りを受けるほど,貴族たちは熱中しました。

屋外遊び

天気のいい日曜日や祝日は,城の住人や近隣の都市や村の人々が集まり,城の中庭や城の前の広場でゲームをしました。

豚の膀胱にえんどう豆を入れて作ったボールを,2つのチームが手と足を使って,2つのゴールを目指して走ります。今のサッカーの原型となる遊びが知られています。

狩猟

女性や聖職者たちも狩猟を楽しみました。

獲物は,中世ヨーロッパの森にいるシカ,カモシカ,イノシシ,キツネ,熊などです。

獲物を仕留めるための武器は,弓矢,やり,クロスボウなど,戦闘で使用する武器と同じものが使用されていました。

騎士たちは特にイノシシを好んで狩っていました。イノシシは鋭い牙があるため,武装した人間よりも危険だと考えられていました。

狩猟のおとも

狩猟のさい,訓練を受けた動物たちがお伴をしました。狩猟のお伴の動物を世話する人も,特別に雇われていました。

貴族たちは狩猟用の馬を所有しており,人間のお伴よりも働き者のこともありました。

野生動物を追跡する訓練する訓練を受けた猟犬も,重要な役割を果たしていました。

また,お伴の中には小動物を狩るための訓練を受けたハヤブサもいました。狩猟のためのハヤブサを城内で飼っていました。

現在も居住している中世騎士の城,グッテンベルク城(Burg Guttenberg)ハスマースハイム(Haßmersheim)
古城街道,ネッカー川沿いにある山城です。シュタイフェン朝時代,王朝のあるバート・ヴィンプフェン(Bad Wimpfen)を守るために建てられた城です。シュタウフェン朝時代からある城で,一度も破壊されたことのない城です。シュ...

コメント