ゾンダースハウゼン城(Schloss Sondershausen)―候国の城の見どころと歴史

チューリンゲン州にあるゾンダースハウゼン城は、シュヴァルツブルク=ゾンダースハウゼン侯爵(Fürsten zu Schwarzburg-Sondershausen)の居城だった城です。

不規則な四翼からなる城は、建築時代が異なっており、いろいろな時代の建築様式を見ることができます。

シュヴァルツブルク=ゾンダースハウゼン侯国

1599年から1918年まで存在したドイツの領邦国家です。1918年に君主制が廃止されたため、自由州となりました。

候国の首都だったゾンダースハウゼンにあるゾンダースハウゼンの見どころと、その歴史を紹介します。

目次

ゾンダースハウゼン城の見どころ

中世のブルクを取り壊し、その上にシュロスを建てました。

様々な建築様式

主な建築様式は以下のとおりです。

他にも、この城にはバロック様式、マニエリスム様式、新古典主義が混在しています。

ルネッサンス様式

南翼と東翼、シュロス塔と旧北翼は、ルネッサンスシュロスと呼ばれています。

後期古典主義

改装された西翼、新北翼は、もともとは17世紀にロココ様式で建てられたものです。

シュロス博物館

青のホール
青のホール

地元の芸術家の作品が常設展示されており、都市の歴史、自然史・文化史を紹介しています。

シュヴァルツブルク=ゾンダースハウゼン侯国のナショナルカラーで装飾された部屋が、青のホールとなっています。

ナショナルカラーなんて、ステキ!日本にナショナルカラーってあるのだろうか…?

黄金の馬車(Goldene Kutsche)

黄金の馬車
黄金の馬車

ドイツで唯一保存されているものらしいです。

1710年にパリで製作されたバロック様式の馬車です。

博物館の公式サイトでバーチャル見学できます。

シュロス公園(Schloss Park)

この城は、30 ha以上もの面積を持つ公園に囲まれています。

元々はバロック様式の庭園でしたが、19世紀に英国風の景観庭園に変わりました。

フランス式の遊歩庭園、オランジェリーと八角形の家があります。

厩舎(Marstall)

厩舎は19世紀に建てられたもので、第二次世界大戦から1990年頃まで様々な期間が厩舎に本部を置いていました。

現在、州立音楽アカデミー・チューリンゲンの本拠地として使用されています。

音楽劇場として

ゾンダースハウゼン城は、音楽劇場としても、ダンスホールとしても使われています。

音楽アカデミーが演奏会を開いたり、オーケストラが夏に定期演奏会を開いたり。

毎年6月から7月にかけて、中庭で音楽劇場フェスティバルが開催され、多くの人が音楽を楽しみに訪れます。

そしてなんと、地下にはジャズセラーがあり、ジャズクラブ・ゾンダースハウゼンが定期的にイベントを開催しています。

外観は地味な城ですが、内装は意外とゴージャスでとてもステキな城です。

ゾンダースハウゼン城へのアクセス

無料駐車場があります。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる