巨大なケーニッヒシュタイン要塞(Festung Königstein)

ザクセン州

チェコとの国境近く,エルベ川左岸にある岩山に建つ要塞,ケーニッヒシュタイン要塞は,12世紀に建てられたブルクに起源をもつ巨大な要塞です。
独仏戦争や第二次世界大戦では,捕虜収容所として用いられたこともあります。州刑務所として有名な場所でした。

眼下に森と川と街を見下ろし,ときに雲海を見下ろす姿はまるで天空の要塞。

この要塞では,後期ゴシック,ルネッサンス,バロックと19世紀の防御施設を見ることができます。

ケーニッヒシュタイン要塞

スポンサーリンク

ケーニッヒシュタイン要塞の見どころ

とにかく巨大

高さ240mのテーブルマウンテンに建ち,さらに要塞の外壁の高さは42mもあり,まずその高さに見るものを圧倒します。テーブルマウンテンの面積は9.5haもあり,テーブルマウンテンの上に建つ要塞の城壁の長さは1800mもあります。

そのような高い山に建つ城は水の確保も大変で,城に設けられている井戸の深さは152.5mあり,ヨーロッパで2番めの深さを誇ります。

現在岩山の麓から要塞へ行くエレベーターが運行されています。要塞へ行くエレベーターの中でも,パノラマエレベーターはおすすめできます。

軍事歴史野外博物館

旧武器庫,新武器庫,財務館,旧兵舎等が整備され,博物館として利用されています。
砲台や当時の囚人たちの生活の様子,司令官の生活の様子など,わかりやすく展示されています。
軍事史に興味のある人にとって,時間が足りないものとなるかもしれません。

さまざまなインテリアが収集され,常設展示やイベント展示など,訪問者を楽しませてくれます。

ケーニッヒシュタイン要塞の歴史

12世紀にはこの地に城がすでに存在していました。最古の城の建造物はブルク教会の壁で,12,13世紀頃のものとされています。

1233年
ケーニッヒシュタインの名が初めて史料に登場します。城伯ゲプハルト・フォム・シュタイン(Gebhard vom Stein)の名がボヘミア王ヴェンツェル一世・フォン・ベーメン(Wenzels I. von Böhmen)の文書に登場します。おそらくケーニッヒシュタインのことと考えられています。
1241年
オーバーラウジッツ国境文書(Oberlausitzer Grenzurkunde)に『王の石の上』と記され,「ケーニッヒシュタイン」の名が登場します。
1385年から1408年
数回抵当に入れられたが,ドーナ・フェーデ(Dohnaischen Fehde)により,最終的にヴェッティナー(Wettiner)公爵家が勝ち取りました(ザクセン王朝)。この家系はマイセン辺境伯(Markgrafschaft Meißen)と敵対関係にありました。
1516年
髭のゲオルグ公(Georg der Bärtige)は,セレスティン修道院をケーニッヒシュタインに建立し,ゲオルグの死後,プロテスタントとなりました。
1563-1569年
深井戸が掘削されました。井戸を掘るのはかなりの難工事だったようです。井戸が掘られる以前は,水槽に雨水を貯めて利用しており,かなり水に苦労していました。
1589年,1591年から1597年
選帝侯クリスティアン一世・フォン・ザクセン(Kurfürst Christian I. von Sachsen)はブルクを強固な要塞施設として拡張工事を行いました。テーブルマウンテンの上を城壁で取り囲み,旧兵舎,旧武器庫,門塔,フリードリッヒスブルクなどが建設されました。
1591年
ケーニッヒシュタインに初めて囚人が収容されました。国事犯の宰相ニコラウス・クレル博士(Kanzler Dr. Nikolaus Krell)がケーニッヒシュタインに囚われました。
1619年から1681年
聖ゲオルグ礼拝堂が建設されました。これはザクセン駐屯地初の礼拝堂です。
1694年から1756年
旧兵舎が拡大されました。選帝侯フリードリッヒ二世・アウグストの強い要望で地下室に249,838Lもの巨大なワイン樽が設けられました。この樽は1818年までありました。
七年戦争
選帝侯と彼の裁判所はケーニッヒシュタインに安全保障を与え,要塞は中立宣言されました。
1806年
ナポレオンとケーニッヒシュタイン・ライン連盟により,ザクセンは王国となります。1813年にナポレオンはケーニッヒシュタインを視察しています。
1815年
ウィーン議会によりザクセン王国はその領土を多く失ってしまいますが,ケーニッヒシュタインはザクセンの要塞として残りました。
1816年から1895年
要塞として,さまざまな施設が改築,増築されました。大砲といった火器の発達に伴い,それに耐えうる要塞へと変貌していきました。ヨハニスザール(Johannissaal)は武器庫,マグダーレンブルク(Magdalenburg)は食料庫に改築されるなどしています。また,8つの稜堡が設けられ,全方位の防御および攻撃が可能となりました。
1849年
ドレスデンでの5月暴動中,ザクセン王家の避難所となりました。この後もケーニッヒシュタインはたびたびお承けの避難所として使用されています。
1866年
プロイセン・オーストリア戦争により,ザクセン王朝は滅び,プロイセンの支配下に置かれました。プロイセンの司令官が要塞に置かれました。しかし19世紀末に長距離砲が開発されるに至ると,要塞の軍事的意義はなくなりました。
1870年(独仏戦争)
軍事的意義はなくなりましたが,独仏戦争での捕虜が要塞に収容されるようになります。以後1922年まで,ザクセン州で最も有名な刑務所および捕虜収容所となります。
第二次世界大戦後~1955年
政治に不満を持つ若者,若い犯罪者のための更生施設として使用されました。
1955年
ドイツ民主共和国の文科省は,ケーニッヒシュタインを引き継ぎ,ここを博物館として利用することを宣言しました。とはいえ冷戦下であったため,民間防衛のための防空壕が設置されるなど,地域の避難場所としての性格も持たせています。その一方で,観光用および貨物エレベーターを設置するなど,観光化に向けた施設も設けられるようになっていきます。
1991年
ザクセン州の所有となり,より観光に向けた施設が広範囲に設けられていきます。代表的なものはパノラマエレベーターです。
現在
要塞は社団法人が運営・管理しています。年平均50万人の観光客が要塞を訪れています。さまざまな常設展示,イベント展示,各種イベントが要塞で行われています。

ケーニッヒシュタインの営業案内

開館時間
3月24日~10月31日:9:00~18:00
11月1日~3月23日:9:00~18:00
公式サイト
https://www.festung-koenigstein.de/
ドイツ語,英語,フランス語,チェコ語,ポーランド語,スロバキア語