ノイエンブルク城(Schloss Neuenburg)‐チューリンゲン最大の城

ノイエンブルク城はロマネスク街道(Romanikstraße)にある城です。

ライプツィヒ(Leipzig)とエアフルト(Erfurt)間の真ん中あたり,ナウムブルク(Naumburg)の北約7km,ウンシュトルト川(Unstrut)の東岸にある台地の上に立つ山城になります。

チューリンゲン方伯(ルドヴィング(Ludowing家)の城の中で最も大きく,古くて重要な城の一つです。

ノイエンブルクは,ドイツ語で新しい(neu)城(Burg)という意味です。しかし城のどの部分を指して新しいと言っているのか,実は分かっていません。

目次

ノイエンブルク城の見どころ

チューリンゲンに嫁いできたハンガリー王女の聖エリザベート(Heilige Elizabeth)に関する展示があります。

ノイエンブルク城のあるフライブルク(Fryburg)にも,聖エリザベートを関した古い教会があります。

あわせて読みたい
聖エリザベート(Die heilige Elisabeth von Thüringen) ハンガリー王女でチューリンゲン伯爵夫人となった女性です。ドイツ国民の聖人(deutsche Nationalheilige)と言われ,カトリック教徒だけでなくプロテスタント教徒にも...

二重の礼拝堂

ロマネスク様式の二重の礼拝堂(Doppelkapelle)はカイザーブルクにもありました。

シュタウフェン朝時代に特徴的なもので,下の階は城の召使いたちが,上の階は領主一家が礼拝に使用する部屋となっています。

下の階は簡素な造りになっており,上の階は豪華な造りになっています。

たいてい,下々の者が礼拝する場所は寒く,領主一家が礼拝する場所は暖炉があったりして,ぬくぬくと礼拝できるようになっています。

あわせて読みたい
皇帝の居城,カイザープファルツ・ニュルンベルク(Kaiserpfalz Nürnberg) 中世ドイツの政治の中心地,古城街道はニュルンベルクにある城。中世ドイツを語るに,この城は絶対外せません。 この城は, カイザーブルク(Kaiserburg)+ブルクグラ...

ワイン博物館

ザーレ川(Saale)とウンシュトルト川には多くのワイン醸造所があります。

ワイン博物館では,ドイツ中部のワイン文化を紹介しています。

ぶどう果汁を絞り出す装置,バッカスの置物等,ワインに関する展示があります。

ノイエンブルク城へのアクセス

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる