アーハウス城(Schloss Ahaus)

ミュンスター選定司教(Fürstbischöfe von Münster)の狩猟用宮殿だった水城で,バロックシュロスです。

街のランドマークとなっており,博物館として使用されています。

左右対称の水城で,本館は長方形の島にあり,橋でつながっています。本館は三翼からなり,コの字型でフォアブルクに向かって開いています。

目次

アーハウス城の見どころ

城の建物,城のある島がシンメトリーになっているのがめずらしいです。2つの博物館はいずれも無料で入場することができます。

学校博物館(Schulmuseum)

学校の歴史,学校と生徒の変遷を展示されています。

昔の学用品,机と椅子,教室の雰囲気などがわかります。

楼門博物館(Torhausmuseum)

中世からの街の歴史が展示されています。

中世後期の革靴に,見る価値があります。

アーハウス城への行き方

A31号線をAhausでおり,北西に向かって走ります。

アーハウス城の歴史年表

11世紀
あーハウスの領主が,現在バロック館がある場所にブルクを建てました。
1406年
ミュンスター選定司教オットー四世・フォン・ホヤ(Otto IV. von Hoya)のものになります。
1688年
選定司教フリードリッヒ・クリスティアン・フォン・プラッテンベルク(Friedrich Christian von Plettenberg)の命により,古いブルクは取り壊されました。
1690年
新しいバロック様式のシュロスが完成しました。
1718年
城の庭園が完成します。
七年戦争
戦争により破壊され,再建します。その後,ミュンスター司教の夏の居城として使用されます。
1819年
ヘルマン・オルデンコット(Hermann Oldenkott)が城の北翼にタバコ工場を建設します。第二次世界大戦まで,工場として可動します。
第二次世界大戦後
戦争により破壊されてしまった城を再建し,アーハウスの郡庁舎をここに移転しました。美術品等を集め,楼門博物館,学校博物館として誰でも気軽に見学ができるようになりました。
現在は技術アカデミー・アーハウスが所有しています。

アーハウス城の営業案内

学校博物館の開館時間
火曜日~金曜日 10:00~12:00
土曜日,日曜日 10:00~17:00
楼門博物館
10月~3月の土曜日,日曜日,祝日 14:00~17:00
4月~9月の火曜日~金曜日 10:00~12:00,遠う美,日曜日,祝日 10:00~17:00
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる