中世貴族の子どもの教育

中世の生活

基本的に,上流階級の母親は自分で母乳を与えず,乳母に世話をさせます。それは昔の日本も同じですね。

スポンサーリンク

男の子,女の子共通-7歳まで

男の子も女の子も,婦人の間(Kemenate)の女性達の下で育てられました。父親のテーブルにつくこともありませんでした。

おもちゃは簡単なもので,木製で音の出るものだったりしました。子供達は卵をもらうことを喜び,特に絵の描かれている卵に喜びました。

男の子は棒の先に馬の頭がついたおもちゃ,駒,輪投げ,吹き矢,鬼ごっこやかくれんぼ,ブランコ,玉遊びをして遊びました。女の子は人形や鏡道具で遊びました。一昔の子供たちの遊びとそれほど大差ありませんね。

夏には水遊びをしたり,苺狩りをすることもありました。

男の子の場合-7歳以後

7歳になると本格的に厳しい教育が行われ,叩かれることもありました。まず雅(hofisch)な立ち振る舞いを学びました(ちなみにこのhofischから礼儀正しい(hoflich)と美しい(hübsch)という単語が派生しています)。

立ち振る舞いのほか,日常の遊戯や音楽,神学,12世紀には子供にフランス語を始めいろいろな語学も教えるようになっていました。ヴォルフラム・フォン・エッシェンバッハ(Wolfram von Eschenbach)はフランス語を書くことはできませんでしが,話すことはできたようです。家庭教師と一緒に関係国へ出かけることもありました。

中世初期の頃,読み書きが出来るのはほとんど聖職者に限られていましたが,子供を知識人のもとで学ばせて,読み書きを習得させました。多くの国王は知識人の講義を受け,読み書きができたようです。読み書きは鉄筆とワックス板で練習しました。

読み書きよりも,外国語をしゃべることの方が重要視されました。しゃべることはできても読み書きはできないことのほうが多かったようです。

時には子供を有名な教師のもとで,自由七科(die sieben freien Künste:文法,修辞学,弁証法,音楽,算術,幾何学,天文学)を学ばせました。

15世紀になるまで本は大変高価で貴重なものであり,本を読むより講義を聴く授業形態です。いわゆる耳学問です。日本では,『子曰く…』と本を読むシーンを時代劇で見かけるように目学問です。現在でも教育において,耳学問の西洋と目学問の東洋との間に違いが見受けられますね。

将来武器をあつかう騎士になるための体を作るために,陸上,ロッククライミング,格闘,弓道,水泳,乗馬,槍投げの練習をしました。そして刃先の丸い練習用の剣と盾を使用して,剣術の練習をしました。武術の練習には,食糧も調達できる狩猟が実用的で好まれました。

文献により年齢に違いがありますが7歳,また12歳から14歳になると,子どもは親元を離れ,他の信頼できる騎士のもとに送られました。そこで騎士見習(小姓)として騎士になるための修行を行いました。

騎士見習の仕事は,食卓給仕,使い走り,客人からの預かり者の保管(武器や馬),馬の世話等です。騎士見習も卒業間近になると,戦争にお供するようになりました。

だいたい21歳になると,騎士叙任式(Ritterschlag)を経て,給仕仕事とはおさらばし,騎士の仲間入りをします。この騎士叙任式は,ドイツでは14世紀になってようやく登場した儀式です。

女の子の場合-7歳以後

女の子の重要な役割は,結婚して子供を産むことです。しかし,教育もしっかりなされている必要がありました。

学問的な教育は男の子の場合とほとんど同じです。

女の子は親元で教育を受け,主に母親が先生です。奥の部屋が教室でした。他に親戚の未婚女性や未亡人も先生となり,糸紡ぎ,裁縫,刺繍,音楽などを教えました。

そこで給仕の仕事をしたり,いろいろな仕事を分担して請け負い,常に城主夫人の傍にいました。

武が重んじられた男の子に比べ女の子の方が教養レベルが高く,男の子と違ってほとんどの女の子が読み書きができました。この時代に優れた文学作品を残した女性もいました。

女の子には薬草の知識が重要視されました。ブルクの庭で観葉植物や食料用植物の他に薬草を育てることを学び,乗馬を学びました。

結婚適齢期(当時は10代前半)になると,父親の上司に当たる主君の社交の場にデビューします。ここでのパーティーは結婚相手を見つける絶好の機会でありますが,その選択権は娘にはありませんでした。結婚相手を見つけてくるのは両親であり,結婚相手は両親または親戚筋によって決められました。

当時,女性にとって結婚は喜ばしいことではありませんでした。女性の地位は低く,夫は妻に従順を要求し,殴る権利を持っていたからです。それがたとえ本当に愛している妻であっても,当然のように暴力を振るっていました。DVが当たり前の世界でした。