クロンベルク城(Burg Kronberg)の歴史

Burg Kronberg ヘッセン州
Burg Kronberg

Burg Kronberg

スポンサーリンク

クロンベルク城への行き方

クロンベルク城の歴史年表

1150頃
最初はクロンベルク(Cronberg)ではなく,エシュボルン(Eschborn)の領主として文献に登場します。フリードリッヒ一世(赤髭王)(Friedrich I.Barbarossa)に封土を与えられ,帝国直属騎士(Reichsritter)となります。
1216-1223
岩盤の上に城壁を持つ城(クロンベルク城)が建てられました。
1230
文献上にクロンベルクの領主としてはじめて登場します。
1339,1344
すべての男子に相続権があるというゲルマン特有の分割相続を禁止しました。それまでは同族内で分割と合併を繰り返しており,領土は細分化していきました。
1346-1349
フランクフルト(Frankfurt am Main)の王国側町長となります。1350年の文献に寄れば,ヴァイスアドラーガッセ(Weißadlergasse)にクロンベルク家の宮廷があったようです。この頃,ドイツ全体で一般的な動きではありましたが,都市同盟と封建領主は次第に敵対するようになっていきました。
1389
ついにその敵対感情が爆発し,戦争となりました。フランクフルトはあちこちの同盟に救援を要請し,クロンベルクもまたあちこちの騎士や封建領主たちに救援を要請しました。この戦争で当たり一帯は荒廃してしまいました。フランクフルトは負け,7300グルデン(馬約5500頭分の価値)を弁済しなければならなくなりました。
1395
フランクフルトはすべての負債の支払いが終わり,クロンベルクと和解し,再び同盟を結びました。
1440
フランク11世(Frank XI)の頃最も栄え,城下にヨハニス教会(Johanniskirche)を完成させました。
1521
ハルトムート12世(Hartmut XII)はヴォルムス帝国議会(Worms Reichstag)に出席しました。皇帝カール5世(Karl V)に反感を覚え,失望してしまいます。その後,ヴァルトブルク(Wartburg)に捕らえられているルター(Luther)と手紙のやり取りを何度かした形跡があります。
1522
ヘッセン方伯フィリップ(Landgraf Philipp)に陥落させられます。ハルトムートは城の北側から家族を引き連れて逃げ延びました。
1544
カッセルでヘッセン方伯と和解し,再び城に戻って家族と生活しました。
1622
身内の間で宗教分裂が起こり,戦争になります。
1630
帝国伯爵(Reichsgraf)に格上げされます。
1704
シュヴァイカルト2世(Schweikart II)は一生独身ですごし,慈善事業に精を出します。その結果として家系が途絶えてしまいます。所有者のいなくなった城はマインツ(Mainz)司教の所有となりました。
1796
フランス軍に占領され,破壊されます。礼拝堂は馬小屋として使われました。
1803
ナッサウ(Nassau)に分割されます。ナッサウの国有財産として,最悪の荒廃は免れることになります。
1891
皇帝ヴィルヘルム2世(Wilhelm II)は母親に城をプレゼントします。彼女はここを修繕し,かつての領主等の研究をさせ,16,7世紀の工芸品を収集しました。
1912
彼女の娘マルガレーテ(Margarethe)は修理を終了させ,一般の人も城を訪れることができるようにしました。

公式サイト
http://www.burgkronberg.de/