ザルツブルク城廃墟(Burgruine Salzburg)

このページはドイツのザルツブルク城を紹介するものです。オーストリアのザルツブルクでも,スロバキアにあるザルツブルク城でもありません。

ヴュルツブルクの北,ウンターフランケン地方のバート・ノイシュタット・アン・デア・ザーレ(Bad Neustadt an der Saale)にある山城で,山の尾根に建てられた城です。山側には空堀を掘って分断することで防御しています。巨大なブルク廃墟です。

共同相続ブルク(Ganerbenburg)であり,城の敷地の一部に,現在の城主が居住しています。住居として使用されているケルンブルクには入れませんが,フォアブルクはアクセス可能です。

目次

ザルツブルク城の見どころ

周囲の森は生い茂っており,良く言えば自然豊かな森の奥にあるブルク廃墟です。

450mある環状城壁内に7つの小さな城が存在しており,ここが共同相続ブルクであることがわかります。それぞれの小さな城に,それぞれ異なる家族が住んでいました。

城壁に使用されている石材は,表面が出っ張っており,中世ドイツに特徴的な石の削り方dす。

中庭にある教会は新しく,ロマン主義の頃に建てられた見る価値のある教会です。

フォアブルクにピザ屋があります。近くにある病院を訪れた見舞客や患者さんたちもよく利用するピザ屋なのだそうです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる