ドイツの古城(ブルク)の種類

Marksburg 城とは何か

城の分類にはいろいろな分類の仕方があります。ここでは,Friedrich-Wilhelm Krahe著『Burgen des deutschen Mittelalters Grundriss-Lexikon』にもとづく分類を紹介します。

スポンサーリンク

立地による分類

ブルクの種類はその立地条件から大きく分けて3つあります。山城,平城,岩城です。更に細かくそれぞれについてみていくと,以下のようになります。

平城(Flachlandburgen)

耕地が近く,移動も楽で,水の確保が容易と言う利点は在るが,防御性に難がある。

島(Insel)

湖に浮かぶ島や川の中州に立つブルク。城を建てることが出来るような地理的条件は少ないため,この形式のものは非常に少なく全体の0.3%しかない。名称には-wörth,-werderで終わるという特徴がある。

平地(Ebene)

城を立てる場所としてはあまり好ましくありません。山が全然無い北ドイツ平原等は平地に建てるしかないので,この形式が多くなります。ヴェストファーレン地方(Westfalen)に多い形式です。

この場合多くは水城(Wasserburg)の形をとることが多いです。周りに水掘りを張り巡らせて敵の侵入を防ぎます。それゆえ,湿地帯,小川の側に建てられています。

水路を作って川から水を引き込むか,または池に人工島を作ってそこに建てました。上述の島の場合もそうですが水城の場合,冬でも水が凍らず,多少の日照り続きでも水が枯れないようにしなければならないのが難しかったといわれています。

後にブルクの時代が終わりシュロスの時代になったとき,水城はシュロスにはもってこいの立地条件のことが多かったため,簡単にシュロス化されました。現在,水城または元水城であることが分かっているのはブルク全体の26.7%です。

ブルクからシュロスになるとき,元々在ったブルクの形が分からないほどになってしまっているのも多く,そのようなものも含めるとブルクの30%以上は水城であったと推定されています。

水城
湖や池の中に立つ城,あるいは城の周りを水堀で囲った城を水城(みずき:Wasserburg)と言います。水面に映る城の姿も,また美しいです。

丘(Hügel)

何も無いところに建てるよりかは幾分かマシになります。全体の3.9%がこの立地条件です。山城に分類されることもある丘城です。

この立地に建てるブルク歴史は古く,最初のブルクといったらこの形態です。適当な丘が無くて人工的に丘を作って建てたのをモット(ドイツ語ではMotte)といいますが,そもそも人工的に土を持って作った丘をモットと呼びます。

山城(Höhenburgen)

山城
山の上に立つ城を,山城(Hohenburg)と言います。

防御性に優れますが,生活水の確保が困難です。移動もさる事ながら,建築材料を運ぶのも大変でした。また,城を建てるための敷地面積も限られるという欠点があります。

突出部(Sporn)

山が少し突き出たところに城を立てます。ブルクの23.7%がこの立地になります。ライン川沿いに立つネコ城(Burg Katz)がこれに部類されるでしょう。

山側は空掘り(堀切)を作り,跳ね橋を架けたと思われます。それ以外の部分は急斜面であり,かなり防御性に優れた城になっています。

山(Berg)

実にブルクの1/3,33.3%がこのタイプです。すべての方角が山の急斜面になっており,非常に攻めにくくなっています。そして約10%の城が-ベルク(-berg)という名前になっているのも特徴です。

一度も落とされたことの無いと言う,ライン川沿いに立つマルクスブルク(Marksburg)がその典型でしょう。山の斜面から山の頂上に立つ城を眺めると,とても攻める気になりません。

山腹(Hang)

山側側攻められると,多分一溜まりも無いと思うので,あまり適していません。そのせいか,この立地条件の城は0.4%でしかありません。ライン川沿いの,エーレンフェルス城跡(Burgruine Ehrenfels),観光地で有名なハイデルベルク城がこのタイプです。

多くは川を通行する船から関税を取り立てるために建てられた城が多いです。山の頂上にある城と違い,生活に必要な水の入手がいくぶんか容易になります。

角(Ecke)

全体の2%。山腹や平地に建てるよりも防御には優れています。攻撃されうる場所は2面のみとなります。もちろん,山側には堀切を設けました。

縁(Rand)

全体の0.8%。一応山に立っていますが,急斜面部分が1面しかないため,防御性能は殆ど平城に近くなります。

尾根(Kamm)

この立地条件もあまり好まれておらず,1.8%しかありません。攻撃されうる面が2面,それも向かい合わせになっているので,その両方に気を配るのは領主とて難しいので,選ばれなかったと思われます。

岩城(Felsenburgen)

岩山(Felsenturm)

切り立った岩盤の上に立てるのは非常に理想的です。山の頂上に立てるよりも理想的ですが,そのような条件の整った土地は非常にまれであるため,全体の4.2%です。

シュヴェービッシュアルプ地方(Schwäbischen Alb)やオーバープファルツ地方(Oberpfalz)等,限られた範囲になってしまいます。

欠点は,岩山の頂上の面積が狭いことです。住居用の面積が確保できず,麓にフォアブルクがあることが多かったようです。

洞穴(Höhle)

全体の0.4%。チューリンゲン地方(Thüringen)に多いです。防御はとにかく入り口さえふさげば良く,そして最後は抜け穴から脱出するというものらしいです。